ウェディングドレス買取したその後どうする?処分に困るけど売れるの?

ウェディングドレス買取したその後どうする?処分に困るけど売れるの?

ウェディングドレス買取したその後どうする?処分に困るけど売れるの?

 

ウェディングドレスは、レンタルで気に入ったものに巡り合わなかった場合はオーダーで作るケースも増えてきました。
というのも、比較的安価にその希望を叶えてくれるドレスの工房が増えてきており、ネットでオーダーや打ち合わせをし、アトリエで仮縫いや仕上げをする、というスタイルで経費を削減していけるようになったからです。
お気に入りのドレスで結婚式を済ませたその後、買取したドレスは花嫁の皆さまどうなさっているのでしょうか。
殆どのドレスやベールは梱包してもそれなりに大きな包みになってクローゼットの中で幅を取ることでしょう。
よくあるのは、姉妹や親しい人に貸したり、子供が生まれたら、そのセレモニードレスに作り直す、その資材として大切に保管している、という人もいます。
ベビードレスやお宮参りのためのアフガン(おくるみ)、また、七五三やセレモニー用のジュニアサイズのドレスにリメイクするという例は欧米からもたらされ、それを請け負うお針子さんもありますが、ご自分で頑張って縫うのだというお母さん(そのドレスを着た花嫁さん)もいらっしゃいます。
思い出の詰まったドレスからできたものですから、きっとお子さんたちもアルバムを見直したりして、話が弾むことになるでしょう。
しかし、やはり鋏を入れることはためらわれる、という場合にはそのままの状態で活用してくれるという人に売るという手段もあります。
買取専門の業者もありますし、ネットのオークションでサイズや素材など詳細に載せて、それが気に入ったという人に直接お譲りする事もできます。
次の花嫁さんに大切に着てもらえるのであれば、それも嬉しい処分の方法でしょう。